ACTIVITY REPORT - 活動レポート
[ Update on 2013.11.14 ]

トレセンオランダ紀行その1

行ってまいりました。農業大国オランダへ!
青森、岩手、宮城、福島を合わせたほどの面積で、世界第2位の農作物輸出国であるオランダ。
国土のほとんどが海抜0m以下の低地で、古くから洪水に悩まされてきた土地を
いかに農業大国に成長させてきたか?を学ぶためのフィールドワークを敢行しました。

DSCF1511DSCF1512

【行程】
2013年11月2日(土)~11月8日(金) (日本時間11月9日帰国)

【視察先】
Restaurant DeKas レストラン・デカス
Rose world バラ栽培
Westland museum ウェストランド博物館
De Westlandse Aardbei いちご生産者
Valstar Brothers コショウ・パプリカ・なす生産者
Quality Queen 生産者組合
オランダ経済省
Koppert Cress 育種・育苗生産者
Tomato world トマト生産研究施設
Demokwekerij 園芸施設展示場
Novifarm 農場
Beekers Berries いちご生産者
Plkw Vreugdenhil 育苗施設
Priva 環境制御システム製造
Boal 園芸施設製造
Rijk Zwaan 野菜育種
Sion Planet 蘭栽培
GreenQ 施設園芸シンクタンク/ワーゲニンゲン大学研究施設
Ouusoren トマト生産者
International Floriculture オランダ施設園芸展示会

みっちりと組まれた充実の行程。
そこで見えてきたのはオランダが発展させてきた農業技術と、官民連携が実行されている仕組みがありました。

つづく