ACTIVITY REPORT - 活動レポート
[ Update on 2013.10.10 ]

岩手の“パドロン”は東京でどう出る!?

朝大学側と東北の生産者たちのディスカッションがつづき、「プロジェクトアウト」の
方向性や何がお互いの力を発揮できるのか話し合い、
これまで東北・東京の両授業でも活発な発言が繰り返されました。

そして、トライアルの位置付けながらも具体的な動きを見せているのが、岩手県の
遠野アサヒ農園・吉田敦史さんがつくる「パドロン」の展開に着手している“パドロンチーム”。
パドロンとはスペインではポピュラーな「ししとう」のこと。
日本では吉田さんが先駆けて生産、販売しているという強みがあります。
東京の有名レストランやスペインバルにも出荷をしている吉田さんですが、
認知度向上をはじめ、ブランド化や販路開拓などにもつなげられないかを現在模索中。

DSCF1285

そこで立ち上がったパドロンチーム!
10月19日(土)~20日(日)、東京・代々木公園で開催される「NPOまつり」内の
「岩手じぇじぇフェスタ2013」ブースにて、吉田さんと復興プロデューサーカリキュラム
in東京受講生の有志による出店を決めました。
日本ではまだまだ無名のパドロンをポジティブにとらえ、今後戦略的に市場へアプローチ
していくための足がかりとなります。
復興プロデューサーカリキュラムの協力のもと、どんな展開となるのか、ぜひみなさんも
「岩手じぇじぇフェスタ」でその経過をご覧ください…!!